1. ホーム
  2. トラベルコンシェルジュ
  3. 遠藤 隆史(えんどう たかし)

トラベルコンシェルジュ

トラベルコンシェルジュ紹介

遠藤 隆史 (えんどう たかし)

遠藤 隆史
一言メッセージ♪
タイ・フィリピン(在住経験あり)等のアジア各国や、海の綺麗な世界のリゾートでしたらお任せ下さい。
居住地
埼玉県
旅行業務経験
ホテル・マネージャー(ボホール島)
ダイビングガイド(国内外ダイビング旅行の引率)
海外在住経験
タイ(バンコク)・フィリピン(ボホール島)
保有資格
  • オーストラリア政府観光局 オージー・スペシャリスト認定
趣味・特技
ダイビング:PADIダイブマスター(ダイビングガイドとしてお客様のお供をし、世界各地のダイブスポットを600本以上潜っています)
マッサージ:(マッサージが好きで各地に訪れると必ず施術を受けます。マッサージ好きが高じてワットポー・タイ古式マッサージ資格を取得)
食べることが大好き(以前は調理の仕事もしていました。とにかく旅行に行くと安くて美味しい店を探して食べまくっています)
乗り物(飛行機・電車・バス・フェリー)に乗る事が子供の頃から大好きで、旅行の際には好きな乗り物に乗る為に、あえて遠回りをする事も)
渡航歴
【海外】
【アジア】
タイ(バンコク・プーケット・ピピ島・サムイ島・シミラン島・パタヤ・チェンマイ・チェンライ・ランパーン・ウドンタニ・マハサラカーム)
フィリピン(セブ・マクタン島・リロアン・マラパスクア・オランゴ島・ボホール島・ボラカイ・ドマゲッティ・マニラ・アニラオ・プエルトガレラ・アンヘレス・ラグーナ・ナガ・ダエット) 
シンガポール・香港・マカオ・台湾(台北・高雄)・韓国(ソウル)・インドネシア(バリ島・ジャカルタ・ビンタン島・バタム島)・マレーシア(クアラルンプール・シパダン・ランカウイ島・ペナン島)
【オセアニア・ミクロネシア】
オーストラリア(ケアンズ・シドニー・メルボルン)・パラオ・グアム・サイパン・ロタ
【中央アメリカ】
アメリカ合衆国(ロサンゼルス・サンフランシスコ・サンディエゴ・ラスベガス・グランドキャニオン・アルバカーキ・メンフィス・マイアミ・オーランド・アトランタ・フォートローダデール・ヒューストン・デトロイト・ミネアポリス・ボストン)ハワイ・カナダ
【中南米】
キューバ・メキシコ(コズメル・カンクン・プラヤデルカルメン・チチェンイッツァ・バハカリフォルニア・ラパス・メキシコシティ、ティファナ)
【ヨーロッパ】
フランス・モナコ・ドイツ
【国内】
沖縄(本島・ケラマ諸島・伊江島・久米島・石垣島・宮古島)・与論島
北海道・東北
関東・伊豆諸島(伊豆大島・三宅島・八丈島)
東海・甲信越・北陸・近畿・中国・四国・九州

自己紹介(私はこんなコンシェルジュです!)

子供の頃、テレビで観た番組の影響から海外に興味を持ち、若い頃はバックパツクを背負って一人で各国を訪れていました。サイパンを訪れた時に綺麗な海とビーチが大好きになり、スクーバダイビングの資格を取得。その後ダイブマスター(ダイビングガイド)になり、お客様のお供をしながら世界中の海を廻りました。特に大好きな海はフィリピン、パラオ、メキシコのコズメルやバハカリフォルニア、オーストラリアのグレートバリアリーフ、そして沖縄です。その他、自分が旅行に行く際には毎回テーマを決め、『アメリカのメンフィスで本場のブルースを堪能する』 『ボストンでクラムチャウダーを食べ、地ビールを飲む』 『キューバのダンスショー・トロピカーナキャバレーを観る』 等、こだわりの旅行が大好きです。タイのバンコクやセブ島(ボホール島)には在住経験もあるので、ご当地は特にお任せ下さい。旅行の計画と手配をするのが三度の飯より大好きで、暇さえあれば趣味で旅行の情報を調べています。仲良しのお友達同士とのご旅行、ご夫婦・カップル、家族旅行、一人旅など、あなたの思い出に残る素敵な旅づくりのお手伝いをさせて下さい。

マイ・ギャラリー(旅の思い出)

エピソード1 写真
  • エピソード1
  • 乗り物好きの私にとって、旅行時に飛行機や電車・バス、フェリー等の乗り物に乗る事は、単なる移動手段のみならず、それ自体が旅の楽しみだったりします。そんな私が特に想い出に残っているのが、フェリーに乗って与論島に行った時の事です。東京から鹿児島の志布志、奄美大島の名瀬港を経由して、3日間かけて与論島に到着します。船旅の良さというのは旅行自体をいかにも『旅』という気分にさせてくれる雰囲気です。デッキにあがり360度の大海原を眺めていると日常の忙しさを忘れ、のんびりとした穏やかな気分にさせてくれます。東京・有明埠頭を夕刻に出航し、朝めざめてデッキに出ると、四国の沖あたりでしょうか。あきらかに東京の海とは違い、真っ青な深い色の海が一面に広がっています。船の中では特にする事もないので、1日に何回もデッキに出ては海を眺めています。そして船はいよいよ南シナ海に入って行きます。翌朝目が覚めてデッキにあがると、信じられないような光景が目に飛び込んできました。まるでバスクリンでも流し込んだようなコバルトブルーの海。船のすぐ側の水面を沢山のトビウオ達が飛び回っています。そしてその少し沖では、船から出る横波を追いかけるようにイルカの親子達が楽しそうに泳いでいました。デッキの人達はもう大騒ぎでした。
このページのトップへ