1. ホーム
  2. ヨーロッパ旅行
  3. ヨーロッパ・ワインツーリズム
  4. 今年はヴァンダンジュ、体験してみませんか?

ヨーロッパ・ワインツーリズム

どんなに流通が発達しても、日本で入荷しにくいワインは、まだまだ沢山あります。せっかくの欧州旅行、日本では味わえないローカルなワインを探したり、現地でしか体験出来ないワイン三昧な旅を満喫してみませんか?
トラベルコンシェルジュ 末松実千代

今年はヴァンダンジュ、体験してみませんか?

ブドウの収穫作業のことを、フランス語で
ヴァンダンジュ(vendange)といいます。


収穫時期のワイン産地は、とても賑やか。

各ワイナリーが、10日間ほどの期間限定で、大勢の人を雇い入れるためです。

夏休み中の都心の学生や、外国人労働者も多いため、フランスの田舎町でも、
いつもより英語が通じやすい期間でもあります。



ヴァンダンジュのメインとなる時期は9月の下旬、日本のシルバーウィークと重なるので、
昔はご案内しやすかったのですが、最近では温暖化の影響で、ヴァンダンジュを
前倒しする農家さんも少なくありません。
それでも、地域や標高、〝遅摘み゛などの生産者の意向により、
時期のバラツキはあります。

私も昨年は、10月9日という遅い時期に、ローヌ=アルプ地方の標高の高いワイナリーにて、
収穫体験を行ってきました。



ワイナリーのスタッフから簡単な説明を受けた後に、はさみとバケツを
渡され、収穫スタート!

実を潰さないよう、気を付けながらバケツにブドウを入れていきます。その際、邪魔な葉っぱなどは、取り除きます。

かがんだ姿勢が続くので、足と腰は少しキツイかもしれません。


バケツ2杯分ほど、ブドウが収穫できたところで、収穫体験は終了。

ワイナリーによってはその後、ブドウの実の選別を体験させてくれたり、
採れたての葡萄の試食もできたりもします。






また、平常時のワイナリー訪問と同じように、
ワインの醸造工程の見学も楽しめます。
まだ発酵中のワイン「ヴァン・ブーリュー(vin bourru)」を
いただけたりするのも、この時期の特権!

気候も良い時期なので、見学後の試飲もブドウ畑の中で
行われたり、畑の土壌の様子が実際に見られるのも、
ワイン好きには嬉しいことですね。

そして数年後、自分がヴァンダンジュ体験をしたワインを
買い求めて、一緒に収穫体験をした仲間と共に、
そのワインを味わってみたいものですね、
想い出話に花を咲かせながら・・。


ヨーロッパ・ワインツーリズム 無料見積依頼はコチラ
現在 102 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ