1. ホーム
  2. 新婚旅行
  3. Ⅰ様ご夫妻/ヨーロッパ3か国周遊出張&ハネムーン 10日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 飯田 幸子
【2018年5月30日[Wed] ご出発】 海外

Ⅰ様ご夫妻/ヨーロッパ3か国周遊出張&ハネムーン 10日間

飯田様

ご連絡が遅くなり大変申し訳ございません。
帰国してからの2週間、現実に戻って旅ロスになりながらバタバタでした。

夢のようなあっという間の1週間でした。
ヴェリング航空の機材故障とフィレンツェ~ヴェネチアの列車のトラブルはさすがに動揺しましたが、大きな事故やトラブルなく、充実した滞在でした。

バルセロナはほぼ仕事だったのでサクラダファミリアとカサミラ・カサバトリョの外観を観ただけでした。

予定より6 時間遅れで到着したローマですが、午前中に真実の口やコロッセオ、スペイン広場、トレビの泉を一気に回りました。

共和国記念日だったので地下鉄が一部閉鎖でかなり歩きましたが、午後はバチカン美術館もしっかり観れました。
ただローマのホテルのシャワールームだけかなり狭くて大変でした。。

1回目の列車はとても快適でした。フィレンツェはほぼ徒歩で回りました。前回ミケランジェロ広場だけ行かなかったので、今回は調べてバスで行ってきました。ちょうど陽が傾いた時間で最高の眺めでした。

シニョーリア広場辺りでは革製品の買い物を楽しみました。
夜はビステッカの店を調べて堪能しました。有名店なのかかなり混んでいて、ワイン倉庫 の席に案内されましたが、雰囲気もサービスも味も最高でした。

あと、ホテルの部屋で結婚祝いのスパークリングワインを頂けたのは、感激しました。

2回目の列車、遅延は予測してましたが、1等車の座席が無いのはびっくりしました。苦笑

他の何組かのお客さんもあたふたしてました。とりあえず座れたので、いまではいい土産話ですね。

ベネチアでは結構時間的に余裕があったので、のんびり過ごし少し身体を休めました。

ゴンドラにはツアーで一緒になった2組のご夫婦と乗りました。

当初心配していたエールフランスは、ストも遅延もなく無事にパリへ到着しました。

到着した夜は、セーヌ川沿いのライトアップされたノー トルダムやルーブル周辺を散策しました。

今回自分は、パリは初めてでしたのでイタリアとは違った街並みが新鮮でした。

ルーブルの大きさに圧倒され、セーヌ川クルーズでパリ市内をしっかり目に焼き付けました。

エッフェル塔に登った時だけ雨でしたが、外国人カップルに写真を頼まれ撮ろうとしたら、男性が突然女性にプロポーズするという、思わぬ嬉しいハプニングに遭いました。笑

最終日はベルサイユ宮殿の豪華さと広さに圧倒され、空港に向かう時間までシャンゼリゼやコンコルド広場で帰りたくない気持ちを抑えて、数日間の旅を思い出して過ごしました。

空港までのドライバーさんは、日本語が堪能で、いろんな国を旅しているバ ックパッカーだそうです。

どの都市もいろんな雰囲気があって、本当に最高の1週間でした。

このメールだけでは、すべての報告は書ききれません。(笑)
観光地以外でも、地元のスーパーでいろいろ買い物したり地下鉄やバスを乗りこなしたのが良い思い出です。
彼女にもかなり歩かせてしまい、毎日足が棒でしたが、心地よい疲れでした。

今回のような長期休暇は中々取れませんが、またいつか計画したいです。

今回は飯田様からいろんなご提案頂き、深夜にも関わらずトラブルにも対応して頂き、本当に感謝申し上げます。
機会があれば、今後もまたご相談したいと存じます。

帰国後の連絡が遅くなってしまい申し訳ございませ ん。
何かありましたら、またこのアドレスにご連絡頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

「嵐を呼ぶ男」(笑) I

飯田 幸子 wrote:

I様

このたびは、ご旅行の手配をさせていただき、ありがとうございました。

また、お忙しい日々の中、今回の旅について、詳しくお聞かせいただき、現地情報も含め、今後の手配、また旅される方にとっても、有益な情報が多く、有難く思っております。

さて、今回のご出張+ハネムーンについては、当初、何社かの中からお選びいただいたことも嬉しかったことの1つですが、今回、旅の情景が鮮やかに浮かび上がるお便りをいただいて、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

今回は、度重なる航空機のディレイ、高速鉄道では、席番号がない!など、ここまでいろいろ起きるのかと思うほど、いろいろなことが起きました。

出発前から心配していたエールフランスのストライキには起こらずに、思いがけないことがたくさんおきましたね。

概して旅というのは、思いがけないことが起こると、私は初心に返って考える機会になりました。

ハネムーンで、初日からここまでいろいろなことが巻き起こることは今までなかったので、日本からハラハラとしながら状況を見守っていました。

ご無事にご帰国いただいて、旅が無事に終わったことがわかって、I様を「嵐を呼ぶ男」と呼ばせていただきましたが、それも、I様が冷静に現地で対処してくださったからこそ、いま楽しくお話できていると思います。

ありがとうございました。

各都市でのエピソードも、とても楽しく興味深く読ませていただきました。

バルセロナ、ローマ、ベネチア、パリ、本当にヨーロッパの魅力的な都市ばかりで、どれも違う良さがあったと思います。最後にたどり着いたパリは、思わぬ嬉しいハプニングがあったり、旅の最後でしたし、ガラッと雰囲気も変わり、印象深いものだったようですね。

今の旅ロスというお気持ちもお察しいたします。

今回、ご出張+ハネムーンという旅の形は、まさに昨今話題のブレジャー(ビジネスとレジャー)で、先駆けという印象でしたが、こういった旅の形もとてもいいと思いました。

最後に、現地でトラブルの際も冷静に対処してくださり、その後の状況もこちらにもご連絡くださり、感謝しております。

お二人とも毎日お忙しくお過ごしだと思いますが、また、旅の機会がありましたら、お気軽にお声がけいただければと思います。

このたびは、本当にありがとうございました。

ウェブトラベル
トラベルコンシェルジュ
飯田 幸子
このページのトップへ