留学センター > 留学センターとは?

留学センターとは?

私が初めて留学したのは12歳の時でした。
まだ中学に入ったばかりでならった英語は『This is a pen.』くらいです。
そんな私と小学校5年生の妹をホームステイ先まで送ってくれた父は、
ホストマザーに
私のことを『彼女はトマトが嫌いです』
妹のことを『彼女はグリーンピースが嫌いです』
といっただけで二人を置いて行ってしまったのです(笑)
それから英語だけの生活が始まりました。
全く英語のわからない私たちをホストマザーとファーザーは、
手振り身振りで一生懸命にコミュニケーションをとってくれました。
語学学校の初日はクラス分けのテスト。
当然一番下の初級クラスに入りました。
語学学校でもすべて英語の世界です。
わからないなりにも、なんとか生活しながら2週間を過ぎたころ、
だんだん英語が言葉として耳に入ってきだしたのです。
そのころから学校もとても楽しくなりました。
1ヶ月過ぎ、帰国する時には楽しくて帰りたくないほどでした。
これが私の初めての留学体験です。
それから毎年夏休み語学留学に行くようになりました。
大学時代はある留学センターのお手伝いを兼ねて、
イギリスに滞在したこともあります。
その時に、私の今の体験をいつか何かの役に立てれば・・・と、
漠然と考えていたのを覚えています。
そして今私は皆様の留学のお手伝いをするという職についています。
私の経験を生かすことができる、いわば私にとっては天職です。
弊社は留学のプロフェッショナルのみを集めた留学会社です。 私たちは『新鮮で価値のある情報提供』をモットーに日々努力しています。
私たちは自分たちの提供する情報に絶対の自信を持っています
皆さんに私たちの持っている知識を十分に活用していただきたいのです。
現地についてからのサポートもとても大切だと私たちは考えています。
語学学校に通いだして1週間から2週間目でお客様からよく連絡が入ります。
先生の言ってることがわからないし友達もできない、どうすればいいですか?
だいたいはこんなような相談です。
そんな時、私たちは自分の経験に基づいた適切なアドバイスができます。
一人で悩まず、留学のプロに相談することで悩みは解消されるはずです。
またホストファミリーとうまくいかないなど、何かトラブルがあった時、
私たちの存在はとても意味のあるものになります。
『ホストファミリーを変えたい!』と、
自分から直接ホストファミリーに言うのはとても難しいことです。
そんな時、私たちがあなたの代わりになって
ホストファミリーと交渉することができます。
本当にトラブルに巻き込まれたときこそ、
私たちプロの経験が役に立つと思っています。
留学することは言語の取得だけでなく、
あなたの人生を変える何かを得る機会だと考えています。
留学を120%活用できるノウハウを私たちは持っています。
そのノウハウをお教えしたく私たちはこの仕事をしているのです。
ただ学校の手配をするのでしたら誰でもできます。
留学を120%充実したものにできるかどうかは、
あなたの留学をコーディネートする私たちの腕にかかっている!
といっても過言でもないと思っています。
実は、私は大学の時は日本が嫌いで、
とにかく日本から出ることばかり考えていました。
大学を出てドイツの旅行会社に就職しました。
海外に出て働いて初めて日本のよさを知ることができ、
日本人であることを誇りに感じるようになりました。
またなんとなく外人コンプレックスだった私が
「人はみんな同じ」
と思えるようになったのも海外で暮らした経験があったからだと思います。
私は今日本にいる皆さんにぜひこのような経験を通じ、
今の自分自身を見つめなおす機会を作ってほしいと考えています。
行ってみなくちゃわからないことはたくさんあります。
皆さんの初めの一歩をぜひ私たちにお手伝いさせてください。
ウェブトラベル 留学センター 代表
岩月 真理