1. ホーム
  2. トラベルニュース

トラベルニュース

トラベルニュース
日本の水際対策、入国後の自宅等での待機を10日間に短縮
日本の水際対策、入国後の自宅等での待機を10日間に短縮
2022年1月15日[Sat] 海外
日本政府は水際対策を変更し、全ての帰国者・入国者を対象とした、日本入国後の自宅等での待機、健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間を、14日間から10日間に短縮します。
1/15午前0時から適用になります。

今回の変更の対象は、オミクロン株が支配的になっている国・地域で、現時点では全ての国・地域です。
もし今後、オミクロン株以外の変異株が支配的となっている国・地域が指定された場合、当該の国・地域については、自宅等待機の期間は14日間となります。

なお、一部の滞在国・地域に関しては、リスクに応じて、3日、6日、または10日間の、検疫所が確保する宿泊施設での待機が、これまで通り求められます。

詳しくはこちらをご確認ください。

厚生労働省:水際対策に係る新たな措置について
サービスの流れ

まずは気軽に旅の目的、イメージ、だいたいの予算など 、トラベルニュース旅行に関するご要望をお聞かせください。

コンシェルジュから、ご要望を反映した見積もりをご提案します。気に入ったプランを選んで、思い通りのトラベルニュース旅行をつくりあげてください。

チケットや観光の手配はコンシェルジュにおまかせ!旅をトータルにサポートいたします。それではあなただけのオリジナル トラベルニュース旅行に行ってらっしゃいませ!

このページのトップへ