1. ホーム
  2. 中南米・カリブ旅行
  3. 南米大自然
  4. 外国人の買い物天国になったブエノスアイレス

南米大自然

有名スポットももちろん素晴らしいのですが、まだあまり観光地化が進んでいない小さな町や村を訪れ、大自然とそこに暮らす人々の暮らしを垣間見るのも、南米旅行の楽しみです。
トラベルコンシェルジュ 深山哲夫

外国人の買い物天国になったブエノスアイレス

アルゼンチンでは最近、通貨ペソの価値が下がったことで、
ドルやユーロを持つ外国人旅行者にとっては物価安になり、
この夏は外国人の買い物客で賑わっています。

昔からアルゼンチンは伝統的に皮革産業が盛んで、
よい革製品が安いという定評があります。
アルゼンチンのメディアの記事によれば、
ブエノスアイレスではこの夏の旅行シーズン、
靴、カバン、財布、服などを求める外国人でにぎわい、
各店の売り上げも好調とのことです。

記事では例として、かつては300USD相当の値段がついていた、
あるデザイナーの靴が、今はペソ安の影響で実質ほぼ半額になり、
購買力のある外国人にとっては、バーゲン状態だと伝えています。

ブエノスアイレスの高級ショッピングモールでは、
外国人客の増加は11月から始まり、1月がピークだったと言います。
ブエノスアイレスを訪れた外国人観光客の数は2019年、
約300万人の記録を達成しました。

null

アルゼンチンの買い物は、デザインが洗練され、
おしゃれな品が手頃な値段というのがポイントです。

古い話ですが、2000年代前半に南米を長旅中に、
ブエノスアイレスの宿で日本人の長期旅行者と出会いました。
ここで旅を終え、もうすぐ帰国するという彼は、
日本で就職活動をするためのスーツや靴、カバンなど一式を
ここブエノスアイレスで揃えて帰ると話していました。
彼曰く、日本よりも安くてよい品が手に入るとのことでした。
他の女性旅行者も、ここでバッグや服などをたくさん買って
日本へ帰ると話していたのを思い出します。

ただ、現地ではインフレでペソ建ての物価は上昇していますので
今の状態がいつまでも続くとは限りません。
ペソで収入を得ている現地の人にとっては、ペソ安は大変なので、
手放しで喜べないところではあります。


南米大自然の旅無料見積依頼はコチラ
現在 5 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ