1. ホーム
  2. 中南米・カリブ旅行
  3. 南米大自然
  4. オタバロの土曜市

南米大自然

有名スポットももちろん素晴らしいのですが、まだあまり観光地化が進んでいない小さな町や村を訪れ、大自然とそこに暮らす人々の暮らしを垣間見るのも、南米旅行の楽しみです。
トラベルコンシェルジュ 深山哲夫

オタバロの土曜市

エクアドルのオタバロでは、毎週土曜に民芸品の市が開かれます。
町の中心のポンチョス広場(Plaza de Ponchos)には、
朝早くから服、帽子、生地、アクセサリー、土産物、食べ物など、たくさんの屋台が出ます。
店は広場の外へも延び、町中が屋台で埋め尽くされます。
南米最大級の民芸品市とも言われ、観光客も大勢訪れます。

にぎやかな土曜朝のポンチョス広場です。

null

名前の通り、ポンチョの店が多いです。
頭からすぽっとかぶるポンチョは、
朝晩に冷える高地にはとっても便利。
買う気はなかったのですが、お手頃価格だったので
パラグアイへ帰って着ることはあるのかと思いつつも、
このお店でつい一着買い求めてしまいました。

null

日差しが強いので帽子も重宝します。
オタバロではおしゃれな帽子姿の人をよく見かけます。

null

広場の外も、何ブロックも先まで店で埋め尽くされています。
大まかなイメージとしては
ポンチョス広場やその周りが伝統的なポンチョなどが多く、
広場を離れると、それに加えてアクセサリーや帽子、土産物、その他もろもろの店が多い感じです。
とにかく店が多いので、買い物好きな人は一日過ごせそうです。

null

null

オタバロの民族衣装のお店。
刺繍が施された白いブラウスと黒のロングスカートが、
オタバロ女性の伝統的な衣装です。

null

null

かばんやアクセサリー類もたくさん。

null

値段は交渉次第。頑張ればお得に買えます。
小さな町なので、ここ一か所でたくさんのものを一度に見られるのは便利。
キトの新市街にも常設の民芸品市場がありますが、規模では全く比較になりません。

民族衣装や民芸品が大好きな方はもちろんのこと、
そうでない方も、見ているだけでも楽しいです。
キトから日帰りも可能ですので、
旅行中にキトで土曜日を迎えることがあれば、お勧めです。




南米大自然の旅無料見積依頼はコチラ
現在 5 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ