1. ホーム
  2. ヨーロッパ旅行
  3. コーカサス
  4. バクー市内のカフェとユニークなデザイン

コーカサス

三カ国合わせても面積は日本の半分に満たないコーカサス三国ですが、言語、文化、宗教、民族などが異なり、国境を越えて隣国に入国した際に、その変化に驚かされます。ヨーロッパともアジアとも異なった面を数多く有するこの地域、要注目です。
ヨーロッパに強いトラベルコンシェルジュ

バクー市内のカフェとユニークなデザイン

null

アゼルバイジャンの首都バクーの名前の由来は諸説ありますが、ペルシャ語で「風が吹きつけた」という意味から来ているとする説が有力です。
オープンカフェがたくさんあるので、カフェで風を感じて一休みというのが、バクーらしさを楽しめます。

null

null

null

アゼルバイジャンはイスラム教徒の多い国ですが、街を歩く女性を見るとヒジャブなどをかぶっている人はほとんどいなくて、明るく華やかな雰囲気です。ウィンドーショッピングを楽しめる店も多く、街路樹が日差しをさえぎる通りの雰囲気はまるでヨーロッパの街のよう。気温40度を超える夏の暑い時期でも、湿度が低いので直射日光を避ければ過ごしやすい感じです。

null

風の街なので、年間を通じて空気がよどむことはありません。
そしてなにより驚きなのは、世界遺産に登録されている旧市街の遺跡の中に、カフェやレストランをつくってしまっていること。足元に、12世紀の石があるのです。歴史を感じます。

null

null

この街には、ハードロックカフェのような現代的なアメリカンスタイルのカフェがあり、中東や中央アジアから伝わったチャイハナ(小上がりになっていて、日本人はなごみます)がありと、さまざまな喫茶文化を体験できます。


現在 70 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ