1. ホーム
  2. トラベルコンシェルジュ
  3. 小林 真一(こばやし しんいち)

トラベルコンシェルジュ

トラベルコンシェルジュ紹介

小林 真一 (こばやし しんいち)

小林 真一
一言メッセージ♪
ボーッと何もしない旅も、弾丸な旅も、、。
おひとりさまも大歓迎です。
居住地
千葉県
旅行業務経験
空港内業務
趣味・特技
ビールを嗜む…飲むだけでなく、ラベルのデザインも魅力的です。気がつけば個性的なビール缶が部屋のオブジェと化しております。韓国ドラマ…あまりにドロドロしたのは好きではありませんが、つい引き込まれて観てしまいます。『冬』より『夏』が好きです。ボーッと地図を眺める…次の旅行先が決まる…計画を立てる…出発!
渡航歴
【海外】
オーストリア、ドイツ、ハンガリー、チェコ、スイス、リヒテンシュタイン、イタリア、スロヴェニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、フランス、スペイン、ポルトガル、オランダ、マルタ、イギリス、キプロス、シリア、アルメニア、UAE、オマーン、イエメン、タイ、マレーシア、ブルネイ、シンガポール、香港、韓国…
【国内】
北海道(道北、道央)、青森を除く東北、関東甲信越各地、飛騨高山、金沢、能登、常滑、名古屋、伊勢志摩、京都、奈良、大阪、神戸、岡山、倉敷、広島、萩、博多、日田、湯布院、沖縄、石垣 ほか

自己紹介(私はこんなコンシェルジュです!)

私にとっての旅の基本は、ズバリ「フォトジェニック」であることです。(建てられた時代や様式を問わない)建物の統一感、(生えているならば)木々の緑、空や海の青さ、国ごとに個性が出る街中の看板、それらが醸し出す街の空気感。それらが見事に調和している街や景色に、感動を覚えます。例えばいくら日本で地中海風リゾートを造っても、空や海の青さまでは地中海風には出来ません。日本ですから。ぜひ、本場の青を見ていただいて感動していただきたいものです。そして、調和のとれた土地ではおいしい食事と穏やかな人々との出会いが待ってますよ。これまでに大きく分けて3つのタイプの「フォトジェニック」に感動を覚えました。どんな感動なのか?それは旅のご提案をさせていただく中でお伝えできれば、と思っております。そしてもう一つ、そこへ行くまでの航空会社選びも、旅の大事な要素です。これまでの空港勤務で見てきた経験をもとに、マイラーでもある私からご要望に沿ったご提案を心がけたい、と思っています。

マイ・ギャラリー(旅の思い出)

エピソード1 写真
  • エピソード1
  • 写真はハンガリーのショプロンという小さな街です。ブダペストよりもウィーンからのほうが近いこの街は、戦火を免れたために旧市街が昔のまま残っています。そんな見所もありつつ、この街には多くのオーストリア人がやってきます。目的は私と同じく「買物」です。オーストリアでも買えるもの、ハンガリーオリジナルのもの、双方がハンガリーの物価で手に入ります。以前は駅前にあったスーパーが移転してしまい、買物しにくくなりましたが、それでもユーロと比べればまだまだ。美味しいハンガリー料理を食べに、ふらっと行ってしまう街です。
エピソード2 写真
  • エピソード2
  • クロアチア・ドブロヴニク旧市街の城壁の上で撮影した1枚です。
    美しい街並や景色に癒されながらのんびり暮らすのは、どうやら人だけではないよう
    です。

このページのトップへ