1. ホーム
  2. ドイツ旅行
  3. ドイツ鉄道紀行
  4. 鉄道の旅をより楽しむ、こだわりの座席

ドイツ鉄道紀行の旅

一般的な日本の旅行会社で切符を購入すると座席配列は予約システムの自動配列で、進行方向が逆向きの座席だったり、窓側にもかかわらず景色の妨げとなる柱が車窓を邪魔する座席になる危険性があります。ただウェブトラベルにおいては様々な列車の座席配列を独自に入手し、お勧めの座席をご用意することが可能です。
ヨーロッパ鉄道チケットセンター (有限会社 鉄道の旅)白川 純
ヨーロッパ鉄道チケットセンター (有限会社 鉄道の旅)白川 純

鉄道の旅をより楽しむ、こだわりの座席

”進行方向”にこだわった座席”進行方向”にこだわった座席
進行方向情報を独自に入手できた列車は、必ず進行方向で手配いたします。ヨーロッパの駅は行き止まり式の駅があり進行方向がその度に変わるので、日本と違いヨーロッパではそれほど進行方向が重視されていません。ただ、一部の列車においてはどの駅で進行方向が変わるかの情報を独自に入手し、ウェブトラベルで旅行を申し込まれたお客様には進行方向の座席での楽しい鉄道の旅をお約束いたします。




”荷物置き場近く”にこだわった座席”荷物置き場近く”にこだわった座席
荷物置き場情報を独自に入手できた列車は、必ず荷物置き場近くで手配いたします。鉄道旅行の心配の一つはスーツケースの管理。自分の座席から遠く離れた場所に荷物置き場がある場合、盗難被害が心配でせっかくの鉄道旅行を安心して楽しむことができません。ヨーロッパの列車においてはJRのように出入口近くに荷物置き場を設置している列車もあれば、JRとは違い車両中央部に荷物置き場を設置している列車もあります。ウェブトラベルで旅行を申し込まれたお客様には荷物置き場近くの座席で安心した鉄道の旅をお約束します。



”テーブル付”にこだわった座席”テーブル付”にこだわった座席
旅行される人数によっては、テーブル付座席をお勧めします。
ヨーロッパにはJRの新幹線と同じような 通路挟んで左右に座席が配列されている車両(オープンサロンタイプ) も存在します。1等車両は一般的に通路挟んで1席+2席で横3席の配列になっており、その中には固定テーブル付の座席も存在します。例えば2名での旅行の場合、テーブル付の一人掛け座席(1席側)の向い合わせで確保することで、プライベート感があってテーブルに旅の資料を広げながら会話を楽しめます。もし、通路挟んで反対側のテーブル付四人掛け座席で予約されてしまうと、一つの同じテーブルに他人と一緒になってしまいます。もちろん現地の方々と触れ合うのも旅の楽しみの一つですが、偶然の出会いにはリスクがあるので長距離移動においてはお勧めしません。




”ちょっと贅沢”にこだわった座席
”ちょっと贅沢”にこだわった座席ヨーロッパの列車の中には、通常座席の他に、ちょっと贅沢な“ビジネス座席”や“VIP座席”や“パノラマ座席”などの特別な座席が存在します。特別な座席は氷河急行など有名な列車においては一般の方々に知られていますが、イタリアやオーストリアやチェコやドイツなどの都市間を移動する列車においても、実は通常座席とは違うちょっと贅沢な特別席が存在します。“運転手と同じ目線の景色が望める座席” “ふくらはぎの下までカバーするフットレスト付きのデラックスな座席” “芸能人なども利用する一般座席とは別の特別個室” “食事付きの座席”などなど魅力的な座席が数多く存在します。ウェブトラベルで申込の旅行者には、もし、通常の座席の他にこのような特別な座席がある列車に当たった場合は、通常座席とは別にBプランとして特別座席も一緒にご案内します。




”車窓の眺め”にこだわった座席”車窓の眺め”にこだわった座席
鉄道の旅の楽しみの一つに、飛行機での移動では絶対に楽しめない“車窓”があります。特に国境をまたぐ移動の場合、国境を過ぎると今までとは異なった全く違う文化が漂う景色に変わり始めます。ただ、列車によっては、窓側にもかかわらず窓と窓の間にある柱がその大切な車窓を邪魔することがあります。この“柱情報”を独自に入手できた列車においては、景色の妨げとなる柱の位置を避けた座席を手配してご案内します。




”人数”にこだわった座席
”人数”にこだわった座席座席表情報を独自に入手できた列車は、人数に合わせたお勧めの座席を確保します。例えば1名の場合、他人に囲まれた座席にならない様に、“一人掛け座席”を確約します。例えば2名の場合、テーブル付一人掛け座席の向い合わせを確約します。例えば3名の場合、テーブル付3人掛け座席或いは3名個室を確約します。例えば4名の場合、テーブル付四人掛け座席或いは四人用個室を確約いたします。また、2等車両においても車両に1席だけ一人掛け座席があったりすることもあります。ウェブトラベルで旅行を申し込まれたお客様には、それぞれの人数にあったお勧めの座席をご案内します。もし列車によってお勧めできる座席がない場合であっても、できる限り人数にあった座席(3名利用の場合、テーブル付四人掛け座席の窓側2席+通路側1席など)を提案させて頂きます。


ドイツ鉄道紀行 無料見積依頼はコチラ
現在 36 名
  • TravelNews 情報サイトOPEN!
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ