1. ホーム
  2. フランス旅行
  3. パリから行く日帰りの旅
  4. ゴッホ終焉の地:オーヴェル=シュル=オワーズ

パリから行く日帰りの旅

パリから30分も列車に乗れば、そこは別世界。フランスの真髄ともいえるのどかな田園風景が広がります。できるだけ公共の交通機関でも行けるおすすめスポットをご紹介します。
トラベルコンシェルジュ 小泉奈津美

ゴッホ終焉の地:オーヴェル=シュル=オワーズ

炎の画家ゴッホの終焉の地オーヴェル=シュル=オワーズは、セーヌ川の支流であるオワーズ川沿いの、緑に囲まれた静かな町です。

null

1890年5月末にガシェ医師を頼ってこの町にやってきたゴッホは、急死するまでの2ヶ月の間に、この町で70点もの作品を描きました。町中のいたるところにゴッホが描いた場所を案内する立て看板があり、在りし日の画家の姿が思い浮かぶようです。ゴッホの町として有名ですが、ドービニーやセザンヌなど多くの画家が滞在し描いています。

null

◆ラヴー亭
ゴッホが2ヶ月間過ごした宿屋。1階にはゴッホが生きた時代の姿を再現したレストランがあり、現在も食事を楽しむことができます。ゴッホがよく座っていたという席に座り、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。ゴッホが投宿していた3階の屋根裏部屋は、当時の様子が復元されています。

null

null

◆オーヴェル城
17世紀のお城を利用した印象派資料館で、館内は最新技術を駆使したハイテクな展示をしています。19世紀の生活や風俗を再現した展示物を日本語オーディオガイドを聞きながら見学しますので、印象派がお好きな方は必見。この城の裏でゴッホが自らの胸に銃弾を打ち込んだといわれています。

◆ゴッホのお墓
ゴッホが描いたノートル・ダム教会の前から続く坂道を歩いていくと、ゴッホが描いた見渡す限りの小麦畑に出ます。そのままさらに歩いていくと、ゴッホのお墓があります。隣には、生涯に渡りゴッホを支えた最愛の弟テオが眠っています。日本と違い、フランスでは一般的にお墓は明るい雰囲気ですので、お散歩コースとしてもおすすめです。

null

◆ガシェ医師の家
ゴッホがこの町に来るきっかけとなったガシェ医師は、自らも絵を描き、印象派画家とも交流がありました。ゴッホも度々訪れて家族ぐるみの付き合いをしていたガシェ医師の家は、2003年から一般公開されています。

◆アブサン博物館
印象派の画家たちが好んで飲んでいたことで知られ、その中毒性から「緑の妖精」と呼ばれた禁断のお酒、アブサンにまつわる小さな博物館。アブサンを注ぐ際に使用する美しいスプーンなどの道具は館長自ら蚤の市などに通いつめ収集したもの。

■パリからのアクセス■
①パリ北駅から約1時間
パリ北駅からTransilien (SNCF)でPontoiseまで行き、Persan Beaumont方面行きに乗換えAuvers-sur-Oiseで下車
②サン・ラザール駅から約1時間
サン・ラザール駅からTransilien (SNCF)でPontoiseまで行き、Persan Beaumont方面行きに乗り換えAuvers-sur-Oiseで下車
③例年4~10月の土・日・祝日は Transilien SNCFにてパリ北駅から直通列車が運行します。


パリから行く日帰りの旅 無料見積依頼はコチラ
現在 71 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ