1. ホーム
  2. フランス蚤の市
  3. ウィークエンドブロカント

フランス蚤の市旅行

モノを大事にするフランス人にとってブロカントは生活の一部。観光客がたくさん集まるブロカントだけではなく各地で定期・不定期、主にウィークエンドに開催されるローカルなブロカントを地元の人に混ざってのぞいてみる。多くのお店が休みのフランスでの日曜日の楽しみ方。
トラベルコンシェルジュ 今夏絵
トラベルコンシェルジュ 今夏絵

ウィークエンドブロカント

パリ&プロヴァンスのブロカント巡り

その週末によって開催の異なるブロカントや定期的に開催される名前の知られるブロカントなどを土曜日や日曜日を使って廻る。また、パリ市内のブロカントサイト情報 http://spam.fr/ から最新情報ゲット。パリの地図を片手に自分の足で廻ってみると楽しい。それに含めパリとは全く違う南仏プロヴァンスにある日曜限定リル・シュル・ラ・ソルグへ。個人でのアクセスも可能ではありますが、列車の本数がとても少ないことなどから、噴水の町エクサンプロヴァンス発の日本人ドライバーガイドつきのツアーで効率よく。こちらでは車以外ではアクセスが難しい「フランスで最も美しい村々」認定のリュベロンにある村も合わせて効率よく回るので、プロヴァンスの日曜日を充実して過ごすことが出来る。またフランス国内のブロカント情報はhttp://brocabrac.fr/から常に入手可能です。

 

パリからエクサンプロヴァンスへのアクセス。

パリからエクサンプロヴァンスへはフランスの新幹線TGVで約3時間ちょっと。車窓から流れる景色を眺めながらあっという間にエクサンプロヴァンスに到着。エクサンプロヴァンスTGV駅からはシャトルバスが定期的に出ていて街中までは15分程度です。


エクサンプロヴァンスでの宿

やはりぷらっと街歩きをするのには中心から近いのが一番便利。その中で2件のホテルを紹介。一つは部屋によって異なるインテリアのブティックホテルです。WIFI無料、部屋の冷蔵庫のドリンク無料、そしてネスプレッソのコーヒーもお好きなだけ飲めてゆったりくつろげます。寒い時期にはロビー横のサロンでカフェやショコラショでくつろげ、横にはバーカウンターもあるのでアルコールも飲めます。暖かい時期にはテラスでワインを飲むのもよいです。もう1件はキッチン付きのアパルトマンタイプのアダージョです。アパルトマンタイプのホテルの場合多くがゆったり広めのつくりとなっています。近くのパン屋さんで毎朝焼き立てのパンを、そしてマルシェで新鮮フルーツをゲット、お部屋でコーヒーを入れてゆっくり贅沢な朝食はいかがでしょうか?もしくは時間に余裕のある方、レンタカーでリュベロン地方を訪れることが可能でしたらゴルドやルールマランなどのフランスでもっとも美しい村々に認定されている村にあるシャンブルドットもお勧めです。

 

「フランスの最も美しい村々」に認定されている村を訪れる。

ピータ・メイルの「プロヴァンスの12か月」で一躍日本でも知られるようになったリュベロン地方ですが、ゴルドは「フランスの最も美しい村々」に認定されている村の一つです。ヴォクリューズ山脈の傾斜地に立っている、天空の城というにふさわしい村です。石畳の路地は中世の雰囲気をかもし出しています。
そのゴルドを少し離れたところから眺めると神秘的な姿をみることができます。他にもリュベロンの魅力的な村々があります。赤土色のルシヨンやゴルド同様「フランスの最も美しい村々」に認定されていてアンティークなども見つけること素敵な雰囲気のルールマランなと。ただアクセスは難しくレンタカーかタクシーになりますが、ミニバスで廻る日本人ドライバーガイドでのツアーでしたら安心です。


フランス蚤の市 無料見積依頼はコチラ
現在 71 名
  • TravelNews 情報サイトOPEN!
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ