1. ホーム
  2. ロシア旅行
  3. 極東ロシアの旅
  4. イルクーツクとバイカル湖

極東ロシアの旅

ロシア旅行というと、どうしても西のモスクワやサンクトペテルブルクが思い浮かびますが、この広大な国は、各地に名所があります。日本の北海道のすぐ先、ここもロシア。歴史も自然も豊富な国、季節を選んで魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。
トラベルコンシェルジュ 伊藤八重子

イルクーツクとバイカル湖

null

シベリアと聞くと、どうしても最果ての地というイメージがありますが、東シベリアの古都、イルクーツクは、夏は日本からも直行のチャーター便があり、また韓国や中国から乗り継ぎで入国も可能です。また、「一度は乗ってみたい」シベリア鉄道の経由地なので、西のモスクワからでも、東のウラジオストックからでも、または中国からでも、乗り入れることができます。シベリア鉄道全線走破は日数的にも体力的にも厳しいとお考えの方は、このイルクーツクまでを考えてもよいでしょう。

null

市内はもちろんロシアの雰囲気です。イルクーツクの街並みは、ヨーロッパ文化の影響を大きく受け、古き良き時代の美しい家が建ち並んでいます。伝統的な木造建築は「タリツィ木造建築博物館」に保存されています。イルクーツクのその古い街並みを再現している「オールドタウン130地区」には、カラフルな木造建築が並び、レストランやカフェ、みやげ物屋などが並んでいます。デザインもユニークでロシアの芸術性の高さを感じます。巨大なショッピングモールもでき、夜遅くまでにぎわっています。

null

市内は路面電車が走り、ロシア正教会の大聖堂が建ち、コンサートホールやサーカス小屋などもある賑やかな街です。
イルクーツクを拠点に出かける、多数の世界一を誇る「バイカル湖」。

null

実際に見てみると大きさや美しさに驚きます。琵琶湖の約46倍という面積は、見た感じ、湖というより、もう海ですね。この湖の深さ・透明度を感じるためには、ボートに乗ってのクルーズをお薦めします。湖岸から離れるにつれ、湖上は風と水の冷気に包まれるため、ボートには厚い毛布が用意されています。ボートから見る湖底は、湖水の透明度があまりに高いため、数十メートル下の石についている藻、古代の朽ちた木々までも見えて、吸い込まれるような感覚をおぼえます。
バイカルアザラシには博物館で出会えます。寒い中で生き抜くアザラシは、まんまるく太って愛くるしく、時間によっては、アザラシショーもご覧いただけます。

null

バイカル湖観光は、イルクーツクから日帰りでも楽しめますが、湖岸に宿泊して、朝焼け、夕焼け、のんびり散策やハイキング、湖岸鉄道などを楽しむゆったり旅はいかがでしょうか。忘れてはいけないのが、ここでは魚料理が絶品なことです。バイカル湖ならではの魚「オームリ」(サケ科の白身の魚)をぜひ味わってください。フレッシュマリネもおすすめです。


極東ロシアの旅 無料見積依頼はコチラ
現在 10 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ