1. ホーム
  2. ヨーロッパ旅行
  3. バスクの旅
  4. 素通りするにはもったいない!ビルバオ

バスクの旅

そう、よく聞かれるんです。でも、やっぱりひと言で説明するのは難しい。だから「すごくイイとこ!ぜひ行ってみて!」なのです。フランス側とスペイン側では、なぜか(やはり?)雰囲気が違いますし、「海バスク」と「山バスク」でも全く異なります。ですから、「かわいい雑貨に出合いたい」「のんびり緑の丘(あるいは碧い海)を眺めたい」「とにかくおいしいものが食べたい!」など、ご要望をお聞かせください。あなたにピッタリのバスクをご紹介します。
スペイン・フランスに強いトラベルコンシェルジュ

素通りするにはもったいない!ビルバオ

サン・セバスティアンを旅の最終目的地とした場合、日本へ帰国するには、比較的大きな空港のある都市へ行くことになります。フランス国境はすぐそこなので、ビアリッツ空港(バイヨンヌの最寄り空港)まで戻っても1.5~2時間ですが、逆戻りせずにそのままスペインの海岸を西へ、ビルバオへ向かっても同じくらいです。

null

null

null

となると、せっかくなら世界最古の運搬橋として世界遺産に登録されているビスカヤ橋も目にしておきたいですね。高い鉄橋から吊り下げられたゴンドラが、人や車を載せて川面に近いところを行き来する姿は、一見の価値ありです。

null

null

null

建物自体がモダンアートともいわれるグッゲンハイム美術館も必見ですし、スペイン・バスクの中心都市であるビルバオにも、魅力的なバルがたくさんあります。ここはやはり、せめて1泊してから帰るとしましょうか。


現在 78 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ