1. ホーム
  2. トラベルコンシェルジュ
  3. 遠藤 英子(えんどう えいこ)

トラベルコンシェルジュ

トラベルコンシェルジュ紹介

遠藤 英子 (えんどう えいこ)

遠藤 英子
一言メッセージ♪
今回の「旅行先」を選んだ「きっかけ」は何ですか?
旅のお手伝いのための大切なヒントなので、ぜひお知らせくださいね。 
居住地
東京都(出身は大阪府)
旅行業務経験
★海外ツアーの企画・仕入れ・広告・販売(主にヨーロッパ、アフリカ・中東、中南米など)
★海外個人旅行の見積り・手配(全域)
★海外添乗
保有資格
  • 総合旅行業務取扱管理者
  • デスティネーション・スペシャリスト/ スペイン・ポルトガル、イタリア・マルタ、トルコ、エジプト
  • エリア・スペシャリスト
    ヨーロッパⅠデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、英国、アイルランド、ロシア、オランダ、ベルギー、ドイツ
    ヨーロッパⅡフランス、スイス、ハンガリー、チェコ、オーストリア、クロアチア
    ヨーロッパⅢイタリア、マルタ、スペイン、ポルトガル ギリシャ、トルコ、エジプト、ケニア、南アフリカ、モロッコ、UAE
  • レイルエキスパート
    フレンチデスティネーション検定
    トラベル・コーディネーター資格保有
【デスティネーション・スペシャリストとは】… 特定の国や地域に精通した人材を育成することを目的とした、『トラベル・カウンセラー制度』の技能資格のひとつです。現地情報や旅行商品の企画・手配等に関する知識を習得することで、「旅のプロ」として高品質な旅行プランのご提案ができるひとつの目安となります。
【エリア・スペシャリストとは】… 海外旅行で人気の国や地域を8つのエリアに精通した人材を育成することを目的とした、『トラベル・カウンセラー制度』の技能資格のひとつです。観光・地理、文化・歴史、自然、飲食・ショッピング、ビジネス・トラベルなど、海外旅行販売に欠かせない知識を習得することで、「旅のプロ」として高品質な旅行プランのご提案ができるひとつの目安となります。
趣味・特技
★趣味は温泉につかり or リゾートで海を見ながら、本を読み、お酒を飲むこと
★「よく連れて行く本、好きな本」・・・歴史小説(特に戦国もの)が多いので、私の本棚を見た人は「オヤジ書庫」と言いますが、実は海外紀行ものやエッセイ、旅雑誌も並んでるんだけどなぁ・・・。
渡航歴
【海外】
★ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、スイス、スウェーデン、ノルウェー、オーストリア、チェコ、ハンガリー、ポーランド、ギリシャ、クロアチア)
★中東・アフリカ(モロッコ、エジプト、トルコ、ドバイ、イラン、イエメン)
★アジア(中国、台湾、韓国、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、インド、スリランカ、ウズベキスタン)
★北米・中南米・カリブ(アメリカ、カナダ、メキシコ、キューバ、アルゼンチン、ブラジル、プエルト・リコ、バハマ、セント・トーマス、タークス&ケイコス)
★リゾート(モルディブ、フィジー、カンクン、バリ、モヨ、プーケット、サムイ、ペナン、ランカウイ、パマリカン、ハワイetc...)
【国内】
北海道(道南~道東)、東北から北陸、関東~関西、四国・九州までの各観光地、温泉

自己紹介(私はこんなコンシェルジュです!)

「のんびり休暇を過ごしたい」、「世界遺産を訪ねて」、「ハネムーンで」、「美味しいものが食べたくて」などなど、同じ人でも旅の目的は毎回違いますよね。
それから、その旅先を選んだ理由も・・・。
縁あって、ご旅行のお手伝いをさせていただくことができたなら、目的や、訪問先を選んだきっかけだけでなく、趣味・嗜好、今凝っていること、興味のあるもの、ご自身の性格(?)に至るまで、なんでもお知らせくださるとうれしいです。
旅行の日程はもちろん、移動の手段やホテルなどをご提案する際にも「○○さんにオススメするとしたら・・・」と想定することで、あなたらしさを感じる旅づくりのお役に立てればと思います。

マイ・ギャラリー(旅の思い出)

エピソード1 写真
  • エピソード1
  • 市場を見てまわるのが好きです。
    マーケット、マルシェ、スーク、バザール、、、と地域により、呼び名も並んでいるものも様々ですが、活気があって楽しいですよね。
    野菜や香辛料、羊の頭や牛の胃袋、生きたヒヨコにカタツムリ、カメetc.(←どうやって料理するの!?)と、ご紹介するには勇気がいる写真が多いのですが、これは南仏(プロヴァンス)のアプトという町の朝市。
    八百屋さんの足元にある、カボチャのサイズ、わかりますか?
エピソード2 写真
  • エピソード2
  • イスラム建築の精緻なタイル装飾や、幾何学模様のモザイクなどに魅力を感じるのですが、非イスラム教徒が入ることのできるモスクや神学校はそう多くはありません。
    トルコ、エジプト、モロッコその他、機会を得たら心静かにゆっくり堪能します。
    これは中央アジア(ウズベキスタン)の「青い都」サマルカンド。
    磁器タイルの青と、日干しレンガの砂色の対比が本当に美しい!のです。
このページのトップへ