1. ホーム
  2. トラベルコンシェルジュ
  3. 松村 幸子(まつむら さちこ)

トラベルコンシェルジュ

トラベルコンシェルジュ紹介

松村 幸子 (まつむら さちこ)

松村 幸子
一言メッセージ♪
お祭り・フェス・イベントを絡めて心躍る旅をしてみませんか?!期間限定で
世界中から集う旅人やその地域の人と特別な時空を共有する醍醐味を
味わえるような旅をおすすめしています。また、雄大な自然の中でリラックス
するような旅などもお任せください。精一杯努めさせていただきます!
居住地
東京都
旅行業務経験
国内添乗員
海外現地ガイド(シドニー)
海外在住経験
オーストラリア(シドニー4年)
保有資格
  • 総合旅行業務取扱管理者
  • エリア・スペシャリスト
    アジアⅡ韓国、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、インド、インドネシア
  • トラベル・コーディネーター
【エリア・スペシャリストとは】… 海外旅行で人気の国や地域を8つのエリアに精通した人材を育成することを目的とした、『トラベル・カウンセラー制度』の技能資格のひとつです。観光・地理、文化・歴史、自然、飲食・ショッピング、ビジネス・トラベルなど、海外旅行販売に欠かせない知識を習得することで、「旅のプロ」として高品質な旅行プランのご提案ができるひとつの目安となります。
趣味・特技
【異文化交流】お祭り・フェス・イベント参加:海外では世界最大といわれる
インドのクンブメーラと、砂漠で行われるアメリカのアートの祭典バーニング
マンと、国内では長野県諏訪の御柱祭などに参加した事があります。また、
国内では10年程、大小様々な夏フェスや草分け的なイベントまで、主に
ボランティアスタッフとして参加経験があります。
【自然探索】山歩き・神社仏閣めぐり・温泉:ネパールでヒマラヤビュー
トレッキング、エアーズロック周辺ツアー、仏陀四大聖地めぐり、
御朱印帳2冊目、台湾温泉めぐりなどが私の活力となっているようです。 
【ヨガ・瞑想】心と体のバランスを保つ為に学んでいます。
渡航歴
【海外】
オセアニア:オーストラリア(シドニー:4年間在住・1周:シドニー~ケアンズ→アリススプリングス
→ダーウィン~パース・メルボルン)
アジア:インド(デリー、バラナシ、サルナート、アラハバード、ムンバイ、リシュケシュ、ゴア、
ブッダガヤ、クシナガラ)、インドネシア(バリ)、カンボジア、タイ、台湾、トルコ、ネパール
(カトマンドゥ、ポカラ、ナガルコット、ルンビニ)、ベトナム、香港、ラオス
北米:アメリカ(ニューヨーク・サンフランシスコ)
ヨーロッパ:スイス、ドイツ、フランス(パリ)、ロシア(モスクワ、ノボシビルスク、アルタイ共和国
・シベリア鉄道乗車)
【国内】
全地方
北海道(道央・道南)、沖縄県(本島・宮古島)
東北・関東・中部・関西
中国・四国:山口県、島根県、鳥取県、広島県、岡山県、愛媛県、香川県、高知県
九州:長崎県、福岡県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県(鹿児島市周辺・屋久島・
奄美大島・喜界島)

自己紹介(私はこんなコンシェルジュです!)

 私は見た目とは意外に活動的で度胸があると言われます。それは、海外一人旅や野外フェスに単独参加したり、
かつては雪山でスノーボードをしたりしていたからのようで、自身でも持ち前のバイタリティーには自信があります。
また、ヨガと瞑想を学び、問題が起きた時も落ち着いて丁寧に対応できる心を持てるようになったと思います。
 イベントなどでは ボランティアとしてお手伝いをする事が多いです。違う世代・分野の人と多様な価値観に触れたり
しながら、作る側から場を盛り上げ交流を楽しんでいます。最近では東京都の観光ボランティアにも登録しました。
これからも、世界各地で知り合った人達と交信しながら、常にアンテナを張り、知識の引き出しを増やして、皆様の
旅のお役に立てれば光栄です。

マイ・ギャラリー(旅の思い出)

エピソード1 写真
  • エピソード1
  • 【オーストラリア・フレーザー島】オーストラリアを1周した際は、自然の美しさに心を
    打たれる場面が多かったのですが、その中でも世界遺産にも登録されている世界
    最大の砂の島「フレーザー島」にあるマッケンジー湖の透明度が忘れられません。
    砂の島なので4WDツアーで入る事ができ、砂浜やジャングルを散策したり、途中で
    ディンゴなど珍しい動植物に出会えたりもしました。
エピソード2 写真
  • エピソード2
  • 【ネパール・ポカラ】以前、愛・地球博でネパールパビリオンにてポカラの街から
    見えるヒマラヤの景色のポスターを買いました。部屋に飾っていて、いつかは
    行きたいと思っていた所ですが、念願叶い訪れることができました。その街から
    日帰りで登れるフォクシンという山をヒマラヤを眺めながら歩きました。とても
    のどかな村なのですが、地元の人達に温かく親切に案内してもらえたりしたのは、
    とてもありがたく助かりました。
このページのトップへ