1. ホーム
  2. 中南米・カリブ旅行
  3. 南米大自然
  4. キトのテレフェリコでトレッキング

南米大自然

有名スポットももちろん素晴らしいのですが、まだあまり観光地化が進んでいない小さな町や村を訪れ、大自然とそこに暮らす人々の暮らしを垣間見るのも、南米旅行の楽しみです。
トラベルコンシェルジュ 深山哲夫

キトのテレフェリコでトレッキング

エクアドルの首都キトで、街を一望できるスポットが、テレフェリコです。
テレフェリコはキト市街の西側の山麓と、山上を結ぶロープウェイです。
山上駅からは遊歩道が延び、一帯を散策できるようになっています。

山上駅周辺からの眺め
null

テレフェリコで山上にあがり、
駅から遊歩道を歩き始めると、さっそく息切れがし始めました。
山上駅の標高は約3,940mで、少し歩くと4,000mを超えます。
null

低地からキトへ到着後、時間をおかずにテレフェリコで山上に登った私は、
上り坂になるとすぐに息切れしてしまって、前に進みません。
風も冷たく、手袋が欲しくなるくらい。
高地を甘く見てはいけませんね。

夕方の山上は、夕景や夜景を眺めるデートスポットになっているみたいです。
null

余談ですが、この後、この山上で日本人男性とエクアドル人女性のカップルに出会いました。
男性は東京の携帯会社で外国人向けサポートの仕事を通じて彼女と出会ったとのこと。
人生、どこに出会いがあるかわかりませんね。

進んでいくと、こんなところにブランコが。
山上で見晴らしがよくて楽しそうですが、
こちらは息切れぎれで、たどり着くだけで精いっぱい、
とてもブランコに乗る気力はありませんでした。
null

なんと、マウンテンバイクのダウンヒル用の道の入口がありました。
テレフェリコで自転車を運んできて、ここから下るようです。
横の看板には注意事項が書かれていて、
ヘルメットなどの安全装備を整え自己責任で、などとありました。
こんな高いところから下ったら、さぞ楽しそうです。
街のすぐ近くで4,000mからのダウンヒルができるなんて、
キトのマウンテンバイカーがうらやましいです。
null

道は山へと続き、さらに本格的なトレッキングもできるようですが、
時間も装備も体力もなかったので、駅周辺だけの散策で引き上げて下山しました。
それでも、自然の雰囲気を存分に味わえました。
戻りは夜になり、ゴンドラから見るキトの街の夜景も見事でした。

null



テレフェリコで山上へ上がるときは、標高4,000mだということを忘れずに、くれぐれも温かい服装で。
街では半袖でも、上ではフリースがちょうどよいくらいだったりします。
そして体がキトの高度によく順応してからがお勧めです。



南米大自然の旅無料見積依頼はコチラ
現在 5 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ