1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 四国の旅
  4. アフターコロナは四国旅行へ!愛媛の下灘駅に広がる絶景を目に焼き付けたい!

四国の旅

四国というと、どんなイメージをお持ちですか?観光地にご当地グルメなど、それぞれ違ったイメージがあると思いますが、意外と知られていない四国観光スポットをご案内します。
トラベルコンシェルジュ 溝部 潤也

アフターコロナは四国旅行へ!愛媛の下灘駅に広がる絶景を目に焼き付けたい!

null

こだわる人の旅、
<現代アート、絶景、秘湯を巡る四国の旅>を
ご覧頂きありがとうございます。

四国担当トラベルコンシェルジュの溝部潤也です。

愛媛県伊予市にある無人駅、
下灘駅(しもなだえき)をご存知でしょうか?

かつては“日本一海に近い駅”と言われていて、
駅の目の前に瀬戸内海の美しい海が広がっています。
また、夕日のスポットとしても広く知られています。

今回は、四国の絶景駅『下灘駅』の
魅力をお伝えできればと思います。


⭐️下灘駅とは?⭐️


下灘駅は愛媛県伊予市にある、JR四国予讃線の駅です。
小さな無人駅で周辺には観光施設がありませんが、
この駅を訪れる人は多いです。

その理由とは・・・
下灘駅の写真を見て頂ければ分かると思います。


⭐️降り立つと美しい海が広がっています⭐️


null
古びた上屋とベンチ、遮るものがない、瀬戸内海の眺望。
海を背景に佇むホームは絵画のような美しさです。
いつ訪れても心ときめく情景が迎えてくれます。

その美しいロケーションの良さから、
青春18きっぷのポスターに三度も登場し、
木村拓哉さん主演の大人気ドラマ『HERO 特別編』の
ロケ地としても知られています。

日本一有名な海の見える駅と言っても過言ではありません。


⭐️下灘駅の絶景の撮影のポイント⭐️


こんな下灘駅の絶景を目の当たりにすると、
写真に残したくなりますよね。

おススメの撮影方法をご紹介致します。

『海+ホーム』シンプルなカット!
null
まずは、定番のカットから。
ホームの向こう一面が海なので、
海+ホームが最もシンプルなカットになります。

『海+ホーム+電車』のカット!
null
駅全体は絶景なのでそれだけで満足しがちですが、
やっぱり駅なので電車の入ったカットもおススメです。
あらかじめ電車の後ろに上手く映るように決めておいて、
あとは電車が来るのを待つだけ。
そんなに難しくはありませんよ。


⭐️マジックアワーは更に魅力的に⭐️


下灘駅のある「双海町」のキャッチフレーズは、
「沈む夕日が立ち止まる町」。
下灘駅は夕日の時間にこそ、その魅力を最大限に発揮します。
null
null
昼間の青とはまた違う、
オレンジに染まった海と空が楽しめます。


⭐️溝部に何でも聞いて下さい⭐️


下灘駅へ行かれる際は、
電車の本数が少ないので、注意が必要です。
周辺に駐車場がありますのでお車でのアクセスも可能です。

定番の観光地にプラスして、
是非、下灘駅は行かれてはいかがでしょうか?
プランをご提案致します!

飛行機で行かれる場合は、
最大355日先まで予約可能な商品があります!

空席数に応じて価格が変動しますので、
お手配が早い程、割引率が高いお得なプランです。

この機会に、【アフターコロナ旅行】を、
計画してみてはいかがでしょうか?

らくらく見積りサービスをご利用頂くと、
プランのご提案を含む、お見積り・ご相談は無料です!

見積りは、ちょっと・・・という方にも、
LINEの旅行相談サービスがございます!
最大30分間無料です!

是非、LINEへ友達追加お願い致します!

LINE国内デスク
https://www.webtravel.jp/line/jp
null

相談方法は、とっても簡単!

<STEP1>
ご希望の「相談日時」をご記入ください

<STEP2>
予約確定のご連絡を差し上げます

<STEP3>
予約時間に、担当トラベルコンシェルジュからご連絡

<STEP4>
旅のご相談開始


少しでも多くの旅が実現できますように!

お気軽にお問合せ下さい!


現在 0 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ