1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. 台湾旅行
  5. お客様からのお便り
  6. W様ご家族/台湾旅行5日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 飯田 幸子
【2022年12月31日[Sat] ご出発】 海外

W様ご家族/台湾旅行5日間

台湾旅行
12/31 (1日目)那覇空港発→台湾国際桃園空港
那覇空港内のスターラックスカウンターのスタッフは、とても親切で検査場が混むので30分も早く荷物を預ける事が出来ました。
機内食があると、とても丁寧にお話してくれました。事前に母が膝を手術していたので病院から膝に金属が入っている証明カードを見せました。
保安検査場はやはり並んでました。
母が検査システムに入った画像を見ると膝の所が青く光ってズームアップされてポイントと指示されているのを見て、一同、おぉーと機械に反応していると関心しました。
手荷物と検査が終わると、1人づつ機械にパスポートをスキャンして同時に顔認証します。その後、出国手続きの前で又顔認証してゲートが開いて係の人にパスポートを渡します。印鑑は押してくれません。これで出国完了です。

母が居たため機内には1番で案内されました。
さすが博愛主義の台湾です。
機内では座席はかなりゆったりで良いです。前の座席とも距離がありシートのヘッド当たりが良くて座席に小さなクッションもあり腰の位置に置いたりして良かったです。タブレットが着いていてショッピングは全てこれで注文します。映画ももちろんありますが、1時間40分のフライトでは全部見れないので続きは帰り観ることにしました。ベルト着用指示が解除されると直ぐに機内食が出てきます。そして15分ぐらいで片付けるので急いで食べます。行きはぶっかけうどんとフルーツとジュースです。美味しかったです。

台湾入国、パスポート渡して顔認証して指紋認証します。以上です。ただし15歳以下は指紋認証しないです。これを覚えて無いと帰りに間違って注目を浴びることになります。娘がそうなりました。
入国は意外な速さにビックリします。
通路で抗原検査キットを歩きながら渡されてスーツケース取って終わりでした。

ガイドさんと会い台湾ドルに両替しました。空港はかなり手数料が安くて140円でした。

ホテルに移動してる車中でガイドさんが台湾での注意して欲しい事、台湾あるある、を教えてくれます。気軽に質問受付けてくれます。ホテル到着後も素早い対応でホテルチェックインです。お別れがあっという間で名残惜しかったです。LINE交換しました。
帰りに空港ハプニングがあったのでLINE交換してて良かったと思いました。

ホテルはコスモスホテル、16階、ダブルベット2つで広々してました。窓を開けると台北駅が見えて眺望はとても良かったです。
新年祝いとして、
ホテルよりビールとお菓子の詰め合わせがサービスとして用意されていました。
この日は大晦日で台北101の花火です。ホテル前の道路に出ると見えます。反対側も花火が上がって色んな所で見ることが出来ました。次は近くで見たいと思いました。
その日24時間駅は運行していました。

夕食は北京ダックを食べました。円安ですが台湾の食事は安くて美味しくて量も多いのでとても満足でした。
1日目終了です。

1月1日 (2日目)
ホテル朝食はバイキングです。色々あって美味しく頂きました。毎日、品数が少しずつ変わります。
猫空ロープウェイに行きました。
1日目で悠遊カードをセブンイレブンで好きなキャラクターのカードを選びレジで購入しながらチャージが出来ます。台湾はMRTや入場料金、買い物はだいたいこのカードで出来ます。とても便利です。
ロープウェイも悠遊カードでチケット購入しました。ロープウェイは思った以上のスリルと距離の長さにビックリします。
子供達はとても楽しんでいました。私は恐怖を感じました。
終着駅に着いたらカフェや食事所が沢山あります。景色を見ながらご馳走を食べれて良かったです。兎に角、量が多いです。
又帰りも乗って降ります。
帰りのロープウェイは、子供達は足元がクリスタルのを選び乗りました。
楽しかったそうです。
次はロープウェイ降りたら隣にある動物園にも行きました。もちろん悠遊カードで入場料金です。安いです。愛嬌の良いパンダが居て見てて面白かったです。帰りにパンダのぬいぐるみも買いました。
夜は士林夜市まで足を伸ばしました。海鮮系を沢山食べました。とても美味しかったです。以前に比べるととても綺麗な夜市になってました。ここでも色んな美味しいものや海老釣りやゲームがあります。お祭りみたいで子供達も楽しそうでした。
ハードな1日でしたが母も頑張って歩いてくれました。

1月2日(3日目)
この日は雨の為、九份には行かずショッピングに変更です。龍山寺に行きました。
とても台湾ぽくて沢山の神様が居てとりあえず全ての神様にパイパイしました。
そして迪化街へ、台湾雑貨も多く乾物類は飛行機に乗ると伝えれば小分けして真空パックしてくれます。かなり沢山買い込んでしまいました。カルフールと言うフランスから入った大型スーパーが近くにあり、そこでも小分けが出来るお土産を沢山買いました。安いです。食事は魯肉飯です。いちご大福や屋台も沢山あります。休憩は台湾かき氷や小豆シェークを頂きました。とても美味しいです。きっと次は小豆ミルクのシェークが流行ると思いました。
夕食は香港style飲茶バイキングに行きました。飲茶以外の物も多くて、お勧めです。
(厨窓港点 士林官邸店)
とても美味しすぎます。
もう当分は飲茶はいらないと皆言ってました。ここで知ったのが台湾の方はカスタード系が大好きです。
沢山買い物して沢山食べて良い一日でした。

1月3日(4日目)
鶯歌陶瓷老街へ鉄道に乗って30分ぐらい、昔ながらの台湾です。台湾食器がリーズナブルの物から芸術で高級な物まであります。
可愛いリーズナブルの物を買いました。
台北に戻り、台北駅中で食事して中正紀念堂の兵隊交代式を見物しました。感動しました。兵隊さんもマスクして立ってました。
中正紀念堂のライトアップもとても綺麗です。
夜は台北駅中で食事しながらスイーツを買ってホテルへ、ミルフィーユケーキが意外と美味しくてビックリしました。

1月4日(5日目)
帰国です。ホテルチェックアウトです。
美味しそうなパン3つとリンゴジュースの朝食が用意されて空港で頂きます。
国際桃園空港行きMRT6時始発を乗るために前日ホテルから道のりと時間を測っていたので安心していました。
しかし、ホテル近くの台北駅の地下鉄入口が開いてません。地上より移動します。まだ想定内です。桃園空港行きの駅までもう少しと言う所でシャッターが閉まってました。
その時5:20です。
6時始発なのでそろそろ開くかと思ったら、5:30なっても開きません。スーツケースを持った人が続々と来ます。
5:45になってシャッターが開きます。急いで悠遊カードでかざしてホームへ皆走ります。
これも想定内です。
けど真面目な方は不安でドキドキしてしまいます。結局、事前の予行演習は何だった?と思いますが位置を把握していて良かったです。
桃園空港到着後に悠遊カードの残った分だけお土産を買いました。
いざ出国です。
ワクチン接種3回の証明書を見せてと言われてビックリ。想定外です。主人以外はスマホ写真が残っていました。主人は写真をたくさん撮るからと削除してました。復元も出来ないぐらい綺麗に削除してました。
とりあえず、台湾のガイドさんと、飯田さんに連絡しながら、証明書提示は必要ないと書かれてるとスタッフに言い続けながら粘りながら、沖縄の親戚連絡して家の中で写真を撮って貰うようお願いしながら、そして粘り強く言い続けてました。息子が残り5人の荷物を手続きをやってくれて、残りは復元出来ないか調べながら、皆、色々頑張りました。
(最終的には息子の名前と主人の名前が一文字違いなので上手く誤魔化せられないか?など悪知恵も働きました。)
もう搭乗しないと行けないと言われて、ワクチン接種写真が間に合いスーツケースを預けて走ります。
保安検査で娘がホテルから貰ったリンゴジュースで止められ、母は膝のカードを提出したのにも関わらず、凄い音が鳴り響く状態になりました。母は冷静で両手で膝をトントンと叩いて係りに合図を送ります。指でカードの形をジェスチャーします。係りが納得したら検査機械が開いて通過する事が出来ました。
出国手続きでパスポートをスキャンします。
そこで娘は15歳以下は指紋認証しないので係りがいるゲートでしたが、私はとりあえず主人の出国手続きで頭がいっぱいでした。
娘は通常のゲートに入ってしまい顔認証した後、指紋認証したら大きくブザーがなり後ろに戻されます。娘もビックリして別の場所に移動させられてパスポート見せたら大丈夫でした。母は顔認証した後、turn rightと機械が言います。そしたら右に指紋認証しなきゃ行けないのに、一周回ってしまい、又機械にturn rightと言われて合計3回回りました。何故?回ってる?と弟が疑問を感じて大きな声で指紋認証だよ〜と叫びます。1人ずつ検査な為、前との距離があるので弟は叫んでました。
結局、指紋認証するも時間切れなのか?読み取れません。ブザーがなり別の所へ行きました。そこで指紋認証してようやく全員出国、そしてそこから又走り間に合いました。
同時刻に色んな事が起こり、飛行機の中で大爆笑でした。
帰国後は安心かと思ったら、入国手続きのvisit JapanのQRコードの写メが1番上の青色が見えて無いと行けないそうです。まず一回目はコードをかざしてパス、2回目も又かざしますがスタッフが青色が少ししか見えて無いと言われ、webから又入ってと言われて又後ろに回されます。スタッフの人によって厳しさが違います。統一されてなくてグダグダでした。関税は簡単にコードをかざして終わりです。スーツケースを、待ってる間にビーグルのワンちゃんがウロウロ臭いを嗅いでました。ハッと気付いて桃園空港で食べようと思っていたフルーツが息子のリュックにある事に気付き…犬よりも先に気付いて係りに持って行きセーフでした。
そしてスーツケースを受け取って無事に出る事が出来ました。
全て楽しい思い出となり帰っても母が3回、回ったのを思い出すと笑ってしまいます。

旅行中、検査もちゃんとやって親戚と会う事が出来て安心です。日本も同じ様にしたら良いと思いました。
台湾のトイレ事情はかなり良くなってました。駅内はとても綺麗です。
タピオカドリンクを安くてお店に寄ってテイストが違います。又行きたいです(^O^)

以上です。





飯田 幸子 wrote:

台湾の旅行記をありがとうございます。
この度はご家族のご旅行を手配をさせていただき、ありがとうございました。
こんなにも丁寧に書いていただいて、ご旅行前後も大変お忙しい中、W様の優しさや有り難さから、いろいろな気持ちでなんだかうるうるしてしまいました。(中年のためか涙声が弱いです)

ご帰国の際には事前情報との齟齬や不足な部分もあり、大変ご迷惑をおかけしましたのに、冷静に対処してくださり、本当にありがとうございました。

コロナ禍以降、これから旅行に行かれる方にもとても参考になると思います。

とてもいい旅行記なので、そのまま掲載させていただきます。本当にありがとうございます。

このたびはありがとうございました。
ご家族の皆様にもよろしくお伝えくださいませ。

飯田幸子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

W様より
こちらこそ、大変お世話になりました。旅行にはハプニングは付きものですよね。
私達も一致団結した感じでした。これも旅行の醍醐味ですね。
フランスに行った時は英語が出来なかった息子と娘が少し話せる様になりそれが通じて子供達の成長が感じられて頼もしく思いました。帰って直ぐに主人は次は英語圏に行こうと言ってました。

又、旅行プラン相談に乗って下さい。コツコツ貯金して母が元気なうちに又旅行に連れて行きたいと思います。
ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記
2023年1月現在、弊社内で実際にご旅行に行かれたお客様からのご報告で、日本の入国の際のVisit Japan Web(2022年11月からの運用)の確認だけでないケースがみられました。

特に旅行客が増えてきたこの年末以降に、日本への出発の各空港、各航空会社の判断により、チェックイン時にVisit Japan Webの登録・QRコードの確認や陰性証明または3回分のワクチンの接種証明の確認が行われたケースが散見されました。もちろん、確認が一切ないというケースもありました。

水際対策は日々変化しますので、随時確認し、オフラインでも対応できるよう、ワクチン証明やVisit Japan Webの審査済みの「青のステイタス」+「QRコード」画面は、紙またはオフラインでも見られる画像保存等をしていただくことが必要であると痛感しております。

ご旅行の際には、上記のW様のご旅行記とともに参考にしていただければと思います。


このページのトップへ