1. ホーム
  2. ラオス旅行
  3. ラオス

ラオス

ニューヨークタイムズが「世界で一番行きたい国」に選んだラオス。 昔ながらの風景が残り、その懐かしさに癒される……、そんな不思議な魅力を持つ「東南アジア最後の秘境」を訪れてみませんか?

世界遺産の古都
古都ルアンパバーンへ人気の秘密を探しに行ってみよう!
世界遺産の古都
ルアンパバーンは、ラオス北部に位置する山々と川に囲まれた緑豊かな古都です。 1995年に市街地全体が世界文化遺産に登録されました。 ここがラオス観光の中心です。 どこか懐かしい風景と、フランス植民地時代のコロニアル建築が融合し調和した小さな町ルアンパバーン。 東南アジア一美しい街のひとつとされ、メコン川沿いの深い緑の中には60を超える寺院が点在しています。 豊かな自然の中でリラックスし、その不思議な魅力の秘密を探しに行ってみませんか?
エレファントビレッジ
象と触れ合う貴重な体験を!
エレファントビレッジ
ラーオ族による最初の統一王朝ランサーン王国は、1353年に建国されました。 ランサーンとは「100万頭の象」という意味ですが、現在ラオスには象が800頭しかいません。 激減した理由は、急速な都市化による森林伐採で、森がどんどん開拓されてしまったからです。 そこで、2001年にルアンパバーンに設立されたエレファントビレッジでは、観光を通じて、象がジャングルを自由に歩き回り、仲間を作り、新しい家庭を築くためのサポートを行っています。 ツアー内容は、半日体験や1日体験から1泊2日のプランまであり、象との貴重な触れ合いやアクティビティを体験できます。
ラオス観光年
2018年 ビジット・ラオス・イヤー(Visit Laos Year)
ラオス観光年
ラオスの魅力をもっと知ってもらおうと、ラオス政府は2018年をラオス観光年に指定し、「ビジット・ラオス・イヤー」として各地のお祭りを中心にイベントを企画しています。 この機会にラオスを訪れてみてはいかがでしょうか。 (2018年6月以降の予定日程です。詳細はお問合せください。)

10月25日 ボートレース(ビエンチャン)
11月18日~22日 タートルアン祭り(ビエンチャン)
12月17日~22月 タートインハン祭り(サワンナケート)
12月23日~25日 サイセーターティラート寺院祭り(アッタプー)
12月17日~24日 モン正月 サイソンブン県

ラオスには、クメール時代の遺跡、フランス文化の名残、敬虔な仏教徒のための寺院など、多様な見どころがあります。さらに、山岳民族との交流や、自然の中で「何もしない時間」を過ごすこともできます。
トラベルコンシェルジュ 野村 敦子
お気に入りのカフェ探し♪0

お気に入りのカフェ探し♪

ラオスはかつてフランスの植民地だった時代があるため、フランス文化の名残を見ることができます。フランスパンのバゲットサンドが街中の屋台で売られていたり、おしゃれなカフェがたくさんあったり……。美味しいクロワッサンやガレットなどフレンチテイ・・・
山岳民族・モン族の家庭料理作りに挑戦!0

山岳民族・モン族の家庭料理作りに挑戦!

ルアンパバーンからの日帰りエクスカーションでモン族の村を訪問します。朝ホテルを出発し、食材を買いに市場へ。日本にはない野菜や調味料など市場探索は驚きの連続です。モン族の村へ到着後は、モン族の民族衣装に着替えたり、子どもたちと交流を深め・・・

らくらく旅行見積りで、ベストマッチングの旅行をご提案します
らくらく旅行見積りとは

まずは気軽に旅の目的、イメージ、だいたいの予算など 、旅行に関するご要望をお聞かせください。

コンシェルジュから、ご要望を反映した見積りをご提案します。気に入ったプランを選んで、思い通りの旅行プランをつくりあげてください。

チケットや観光の手配はコンシェルジュにおまかせ!こだわりの旅をトータルにサポートいたします。それではあなただけのオリジナル ラオスの旅に行ってらっしゃいませ!

現在 3 名
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ