1. ホーム
  2. 中南米・カリブ旅行
  3. 南米大自然
  4. ワインルート

南米大自然の旅

有名スポットももちろん素晴らしいのですが、まだあまり観光地化が進んでいない小さな町や村を訪れ、大自然とそこに暮らす人々の暮らしを垣間見るのも、南米旅行の楽しみです。
トラベルコンシェルジュ 深山哲夫

ワインルート

ワインルート情報


ワイナリー
カファジャテ渓谷

サルタの南東にあるカルチャキエス渓谷は、標高が約1,700~
3,000m。世界の主要ワイン産地の中でも有数の高地で、乾燥
した気候と昼夜の気温差が、ワイン造りに理想的な環境と言
われています。サルタから渓谷を巡る道は、ワインルート(
ルータ・デル・ビーノ)と呼ばれ、サルタ~カファジャテ~
カチ~サルタ(または逆)の周回ルートを取ることも可能
です。

サルタから68号線を南下、カファジャテへ。 しばらくすると
茶色い山々が現れ、カファジャテ渓谷に入っていきます。
乾燥した赤褐色の渓谷地帯が続き、ガルガンダ・デル・ディ
アブロ(悪魔の喉笛)やエル・カステージョ(城)などと名
付けられた奇岩が次々と現れます。

カファジャテは広場を中心とした小さな町。町の周囲にはブ
ドウ畑が広がります。 ワイナリー(ボデガ)は郊外に点在し
ていますが、町中にあって徒歩で簡単に行けるところもあり
ます。主なボデガはEtchart、Nanni、El Estecoなど。ほとん
どのボデガで見学と試飲ができますが、受付時間は要確認。

カファジャテからは40号線を北上。砂と岩山が続く乾燥高原
地帯。アップ&ダウンとカーブが続くダート道をひたすら走
ります。途中、いくつかの素朴な小さな村を通り抜け、カチ
の町へ到着します。カチは標高2210m、石畳の道に白い建物
が印象的な、こぢんまりとした町で、 ネバド・デ・カチ峰
が望めます。

ここからは33号線を一路、サルタへ。途中、無数のサボテン
が林立するロス・カルドネス国立公園を通り抜けます。
カルドネスとはスペイン語でサボテンの意味。その名の通り、
いくら車を走らせても、延々と続くサボテンは圧巻です。
やがて標高3348mの最高地点、ピエドラ・デル・モリノに
達します。 ここからはクエスタ・デ・オビスポと呼ばれる
長い九十九折の下り坂。難所とされ、運転には要注意です。
やがて茶色の景色から緑が増え、気温も上がってきて下界へ
降りてきたことが分かります。道はサルタへと続きます。


ワインルートへのアクセス


ブエノスアイレスからサルタへは国内線で約2時間。ルータ
・デル・ビーノへは、サルタでレンタカーを借りて周る方法
と、ツアーで行く方法があります。
レンタカーは変化に富んだドライブが楽しめますが、ダート
が多く山道もあるため、運転にはくれぐれもご注意を。
サルタからカファジャテ、カチを周る一周ルートは約520km、
2泊3日は見ておきたいところです。
できれば1泊以上して、田舎の雰囲気をお楽しみいただきた
いですが、時間が無い方はサルタからカファジャテなどへの
日帰りツアーも可能です。


ワインルートの宿


サルタ市内には近代的なホテルから家庭的な宿まで揃ってい
ます。カルチャキエス渓谷では、カファジャテやカチのホテ
ルに宿泊できます。またBodega y Estancia Colomeなど、ワイ
ナリーにホテルが併設されたワインリゾートにも泊まってみ
たいものです。


南米大自然の旅無料見積依頼はコチラ
現在 9 名
  • TravelNews 情報サイトOPEN!
  • ピックアップ特集
  • らくらく旅行見積りとは?
  • 旅行保険のご案内
  • メールマガジンのご案内

  • 関連サイト
  • 新婚旅行見積り比較
  • 女ひとり旅
  • 世界一周旅行
  • イギリスの旅
  • バリへの誘い
  • 新しい北海道の旅
  • パラオの旅
  • トルコ紀行
  • プリンスエドワード島紀行
  • バリアフリーツアー
  • イタリア建築紀行
  • ヨーロッパ・ワインツーリズム
  • イギリス教師宅ホームステイ
  • 南米大自然の旅
  • ヨーロッパ音楽紀行
  • エアーズロックの旅
  • 北米大自然の旅
  • ウェブトラベル留学センター
  • 世界一周堂
このページのトップへ