1. ホーム
  2. トラベルコンシェルジュ
  3. 中村 徳一(なかむら とくいち)

トラベルコンシェルジュ

トラベルコンシェルジュ紹介

中村 徳一 (なかむら とくいち)

中村 徳一
一言メッセージ♪
国内・海外のホテル・旅館、約500ヶ所の滞在経験をもとにすばらしい感動を実現していただきたくご案内いたします。
居住地
愛媛県
旅行業務経験
株式会社三越 松山店:旅行部マネージャー(経営・企画・販売・添乗)株式会社三越保険サービス 松山営業所:所長(営業所の立ち上げに貢献)芙蓉航空サービス株式会社 大阪支店:旅客第二課 営業(松下電器・帝人・鐘紡等)
保有資格
  • 総合旅行業務取扱管理者
趣味・特技
★アマチユア無線:中学2年生、自作の送受信機で世界中の人々とお話できた時が、世界への旅立ちの始まりでした。★スキー:アメリカ・カナダ・ヨーロッパのスキーリゾート、50カ所以上の訪問経験があります。広大なゲレンデで、あなただけのシュプールを描きませんか。
渡航歴
【海外】
オアフ、マウイ、カウアイ、ハワイ島、グアム、サイパン、ニューカレドニア、フィジー、バリ、モルジブ、バハマ、ジャマイカ、ロンドン、バース、パリ、カレイ、ニース、モナコ、ブラッセル、アムステルダム、フランクフルト、ミュンヘン、ジュネーブ、ローザンヌ、グリンデルワルド、チューリッヒ、ミラノ、ベニス、フィレンツエ、ローマ、サンマリノ、ナポリ、シエナ、ニューヨーク、ワシントン、マイアミ、シカゴ、ニューオリンズ、ラスベガス、ロス、サンフランシスコ、デイズニーワールド、アスペン、ベイル、ナイアガラ、トロント、ケベック、バンフ、ジャスパー、ウィスラー、中国、東南アジア、オセアニア
【国内】
温根湯、川湯、阿寒湖、十勝川、網走湖、層雲峡、登別、洞爺湖、定山渓、湯の川温泉、札幌、小樽、ルスツ、ニセコ、浅虫、小牧、十和田湖、安比、男鹿、田沢湖、八幡平、雫石、花巻、鳴子、秋保、蔵王、上山、天童、飯坂、裏磐梯温泉、東山、鬼怒川、奥日光、日光湯元、水上、伊香保、草津、安房鴨川、湯河原、箱根湯元、強羅、熱海、下田、伊東温泉、伊豆長岡、石和、河口湖、戸倉上山田、湯田中、野沢、大町、浅間、上高地、白骨、乗鞍、上諏訪、月岡、妙高温泉、宇奈月、和倉、片山津、山代、山中、芦原、三谷、長良川、下呂、平湯、新穂高、鳥羽、賢島、雄琴、鞍馬、竜神温泉、十津川、白浜、勝浦、串本、和歌の浦、城之崎、有馬、三朝、湯原、皆生、玉造、湯田、西長門、塩江、こんぴら、道後温泉、原鶴、嬉野、武雄、雲仙、島原、天ヶ瀬、宝泉寺、九重高原、湯布院、別府、杖立、内牧、赤水、霧島、指宿温泉

自己紹介(私はこんなコンシェルジュです!)

霧のパリ市内、35人を乗せたバスの中で「もしかしたらロンドン行きの飛行機、フライトキャンセルかも? そのときはこのバスでロンドンへ向かいますよ」そんな気がしながら車内で冗談をアナウンスしていましたら本当になりました。ルック・ホリデイ・JALパックの添乗員はパリ市内のホテルを探していました。私は万が一のため、待機させていたバスでドーバー海峡を渡り深夜ロンドンに到着。フェリーの中でお客様と免税のスコッチで盛り上がり感謝されました。後で聞くとその日はすべてのフライトが欠航になり、パリ市内のホテルも満室で大勢の方が空港で野宿状態だったそうです。バス・フェリー代の追加で大赤字のはずが、お客様からカンパを頂きなんとか黒字になりました。旅にはハプニングはつきものです。行く先々何本かの選択肢を考えながら添乗することにしていたのが よかったと思いました。35年間の添乗経験が懐かしく思います。皆様をご案内できることを楽しみしています。

マイ・ギャラリー(旅の思い出)

エピソード1 写真
  • エピソード1
  • 「2010年1月、冬季オリンピック間近のウィスラーでのスキーと、久しぶりのイエローナイフ」イエローナイフ到着日の夜 ホテルをバスで出発5分後 バスの窓の外になにやら青色の筋が!おっオーロラ出現!!! オーロラビレッジに到着、レベル4のオーロラが満天の星のとともにユラユラとあちらこちらから 氷点下20度の中に立っていても寒さを感じない! しかしながら ワイフがこの日のために購入したパナソニックのオーロラ撮影用(約の0万円)のカメラで撮影することを忘れていました。イエローナイフへまた来ようねと約束。
エピソード2 写真
  • エピソード2
  • 「2010年6月 ジャズとロックロールのふるさと テネシー州メンフィスへ」
    エルビスプレスリーを尋ねて訪問、グレースランドにてエルビスのお墓に献花。ニューオリンズとはまた違った雰囲気のある街でした。公民権運動で暗殺されたキング牧師、それにより自由平等のアメリカになりました。近郊には ナッシビル~テュプロ等 ジャズのゆかりの地を訪問、懐かしの60年代の「オールディーズ」を歌いながらのドライブは最高でした。帰りは ラスベガスへ、グランドキャニオンをレンタカーにて時速150キロで走っても道路は まだまっすぐ 砂漠の中をひたすらドライブ、4時間後 大渓谷に 息をのみました。自然の造形物、グレートでした。ラスベガスで旅費を浮かそうとカジノへ 100ドルが200ドルになった時点で換金 寿司バーにて久しぶりの日本食。グランドキャニンやモニュメントバレーはレンタカーで回るのがお勧めですが 日本語ドライバーの1~2泊ツアーもございます。アメリカ方面へは是非 お声がけください。
このページのトップへ